2014年03月12日

宣伝方法を差別化するべき。遺品整理士向けのホームページや集客をお手伝いするネットの専門家。

宣伝方法を差別化するべき。遺品整理士向けのホームページ集客をお手伝いするネットの専門家。

先日、九州福岡の知り合いが遺品整理の仕事を開業し、ホームページなどインターネットからの宣伝や集客ができる人がいなかと相談されました。そこで私が普段お世話になっているネットの専門家さんを紹介しました。

以前、B級グルメグランプリで優勝した甲府とりもつ煮のIT戦略の担当者でもあり、数々の会社や個人店などの集客に成功している方です。
遺品整理士ホームページ作成集客宣伝

紹介した専門家のブログにお店や会社の事を書いてもらうと不思議とお客さんが来たり問い合わせが来たりします。
それは、『見込み客だけに見られるようにしてある』からだそうです。
確かに見込み客だけに見られる宣伝広告なら確立は上がりますよね。

果物観光園はシーズン中に果物がなくなり、鍼灸院にはガン患者や不眠症の新しい分野の患者さんが通院するようになり依頼した会社や個人経営者は低額の宣伝広告費でかなり効果が出ているようです。
単純に集客というのではなく、「こんな人もお客さんになりませんか?」と提案してくれて新規のお客さんの開拓もしてくれます。

私もその方の講演を聞きましたが、一般的なWEB業者さんやSEO業者さんとは考え方が違って、「このキーワードでホームページを上位表示させます」というものではなく、その前にお客さんはどんなキーワードを使うか?
まずそういったマーケティングの部分から考えてくれます。

これだけやって月々2万円。(1年契約)フリーペーパーとかチラシのように一回配って資源ごみになるよりいいと思います。

ホームーページの作り方も業者さんとはまったく逆。
この辺に関してはその方のホームページに書いてありましたので、そちらをご覧いただいた方がいいでしょう。


【お問い合わせ】
平島賢一さん
〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町308
TEL:090-4544-2578
MAIL:casypro@gmail.com
HP:http://casypro.info/

posted by 次世代日本男児:DANDAジャパン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック