2017年07月29日

甥の進路

高校生の甥の進路相談があり、将来進むべき道について悩んでいました。
10代の若者に将来の進路を決めることは難しいと思います。
ましてや親は自分の夢を子供におしつけたがり、自身の子供を信用せずに「あなたには無理」と決め付けることもあるでしょう。


ですが、明らかに無理だと分かっているものより可能性のある道に進ませたいという願いは分かります。
子供と親、両者の話しを聞いて自分の過去を振り返りました。


私は考古学が好きでその道に進みたかった。
ですが、狭き門と聞き、その時点で自分で諦めてしまったんです。
それは自分のせいですが、やりたい事をやらせてあげたい。


誰もが経験し、そしてとても難しい問題に直面している甥たち。
安定を求めても何があるか分からない世の中・・・
当分悩みは続きそうです。


posted by 次世代日本男児:DANDAジャパン at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする